陰るビル群

章シナリオ

捻れた重力から解放されて地上に降り立つ。そこは生命を感じないオフィス街だった。月光に照らされた高層ビルが、水平線まで墓標のように立ち並ぶ…

章シナリオのオーブの台詞

このビル群のどこかに、この地を支配する石がある筈です。さあ、石の気配を辿って行きましょう

BOSS登場シーン

ブォォォオオオォォオォ!!!
大気を振動させる獣の嘶きが鳴り響く。現れた星喰いは馬の形をしていたが、その体躯は尋常の大きさではない。大きな角が赤く光り、口から炎が吹き上がった

BOSS登場シーンのオーブの台詞

石は人の欲望を写し星の記憶を得る…あの星喰いはこの星の生命を模したのですね。しかしセイバーを擁するマスターの敵ではない筈です

BOSSFlash台詞

ブォォオオォオォオォォオ!!!

勝利後シーン

鈍い音が響いた。赤石の大角はへし折れ黒い瘴気が吹き上がる。星喰いは一度呻くように立ち上がるとビルの陰へと逃げ去って行った…

勝利後シーンのオーブの台詞

速い…この開けた地ではとても追えるものではありません。それに、あの者は必ず我々を追ってきます。ここは先に進みましょう

全コンテンツ公開。二次利用フリー