SCENARIO

  • 藍馬 清秋
  • 見嶋 千里+

条件シナリオ

派生シナリオ

キズナシナリオ No.92

千の誘惑

会話

見嶋 千里+「要はさ、お兄ちゃんが欲しいのはこれだろ?変身アイテム!魔法の守護石!」

藍馬 清秋「…まさかそれだけで妹の身体を治せる等とは言わないだろうな?」

見嶋 千里+「わーってるよ。これって現実世界に帰ると単なる石ころになっちゃうもんなぁ?」

見嶋 千里+「厳密には…力を持ち帰りたい、だろ?それには二つ方法があるんじゃねえかな?」

藍馬 清秋「…勿体ぶるな。言えよ」

見嶋 千里+「一つはお兄ちゃんが考えてる事と同じよ。マスターから星宝石ぶんどるのよ」

見嶋 千里+「あれって願いが叶えられる何とかボールみたいなもんだろ?そりゃ方々から狙われるわな」

藍馬 清秋「他にも同じような事を考えてる奴らがいるようだな…」

見嶋 千里+「そうよーつまり、競争率激しいって事よ。だからそれはあんまオススメしないねぇ」

藍馬 清秋「もう一つは?」

見嶋 千里+「ヒヒッハハ!必死ィー。あとはお兄ちゃんがもっと力つけたら教えてやるよぉ。ヒヒッハハ!」

全コンテンツ公開。二次利用フリー