SCENARIO

  • 美鳥 宗助
  • 華槌 十輝+

条件シナリオ

派生シナリオ

キズナシナリオ No.70

罪の記憶

会話

美鳥 宗助「華槌君。身体の調子はどうだい?」

華槌 十輝+「身体の調子?変な事を聞くな。見ての通りピンピンしているが」

美鳥 宗助「そうだな…(モザイク体は完全安定。加えて石の力も我々よりずっと高いレベルだ…)」

美鳥 宗助「(ラボに居た頃は身体を維持する事すら難しかったというのに、どういう事だ…?)」

華槌 十輝+「宗助さん?」

美鳥 宗助「ん、ああ…。君が元気そうで良かったよ」

華槌 十輝+「そんなに知り合いに似てるかい?どんな奴だったんだ?」

美鳥 宗助「10人も居たからなあ…」

華槌 十輝+「?」

美鳥 宗助「冗談だよ。忘れてくれ…」

全コンテンツ公開。二次利用フリー