SCENARIO

  • 風間 葉一
  • 紅葉 美妃

条件シナリオ

派生シナリオ

キズナシナリオ No.66

男子高校生の非日常

会話

紅葉 美妃「風間君!風間君もこっちに来てたんだね!」

風間 葉一「く…れは、さん。あ、うん。紅葉さんも居たのか…」

紅葉 美妃「凄いよね!世界を浄化して?それで私達に特別な力があるなんて!」

風間 葉一「あ、ああ…」

紅葉 美妃「私頑張るわ!風間くんも一緒に頑張ろ?」

風間 葉一「で、でもよ。ほんとにあのジュエルマスターってやつ信用できんのかな…?それに危険だって…」

紅葉 美妃「じゃあ、風間君はやらないの?世界が危ないかもしれないんだよ?」

風間 葉一「いや、でも、分かんないだろ?手持ちの情報が俺らには少なすぎるし…」

紅葉 美妃「それもやってみなきゃ分からないじゃない。力があるなら私達が調べるべきよ」

風間 葉一「けど、君は、や、俺らはまだガキだぜ?危なすぎるだろ?」

紅葉 美妃「…そう、そうね。危険があるのに誘って軽率だった。ごめんなさい。ちょっと友達に会えてはしゃいじゃった」

紅葉 美妃「…でもね、私はやるから。力があるのに見過ごすなんて私できない!だから、止めないでね!」

風間 葉一「あっ待っ…くそ!そうじゃねーのになぁ…も~」

全コンテンツ公開。二次利用フリー