SCENARIO

  • 真宵 星加
  • 横島 乙女

条件シナリオ

派生シナリオ

キズナシナリオ No.64

真宵出張占い所

会話

横島 乙女「ま、真宵さん…わわわ、わたし。私もですね」

真宵 星加「恋占いですか?」

横島 乙女「そそそそうなんですー!凄い凄い!本当に分かっちゃうんですねー!」

真宵 星加「フフフ、年頃の女の子ですもの。占わなくてもわかりますよ」

横島 乙女「っあ、そ、そうですよねー!やだ私ったら…、そ、それでですね!暁君って人の事なんですけど!」

真宵 星加「はい、暁宗谷さんですね」

横島 乙女「彼は、蒼井悠斗君と付き合ってるんでしょうか!?」

真宵 星加「ええっ!?」

横島 乙女「だってだってオカシイんですよ!あの二人、人目も憚らずイチャイチャイチャイチャして!」

真宵 星加「いや、その、うーん………私は…紫上先生と雨宮先生が良いと思うのですが…」

横島 乙女「キャー!そっちですかぁ~!?あーでもアリかも~。じゃあじゃあ!紫上先生と~」

真宵 星加「それは、新しいですね!では柘様と…」

横島 乙女「渋ーい!…星加さん!私達、いい友達になれそうですね!」

真宵 星加「そうですね。…他の皆様には、内緒ですよ?」

全コンテンツ公開。二次利用フリー