SCENARIO

  • ジャック バニッシュ
  • 朱菊 君枝+

条件シナリオ

派生シナリオ

キズナシナリオ No.364

南瓜の思い出

会話

ジャック バニッシュ「ギャハー俺様だ!こいつはイベント『星降る森の館』の時の交渉成功シナリオだ!」

ジャック バニッシュ「---以下回想ォ!---」

ジャック バニッシュ「へなちょこへなちょこぉ!このアメちゃんは全部俺様のもんだ!ザマアねえなあ!」

朱菊 君枝+「っち、やられちまったねぇ」

ジャック バニッシュ「返して欲しいか?返して欲しいか?アゲマセーン!返して欲しけりゃヘヴンスピリッツを持ってきな!」

朱菊 君枝+「へぶんすぴりっつ?ああ…洋酒なんだね。あんたお酒が好きなのかい?」

ジャック バニッシュ「おうよ!酒は俺の命の水…言わばソーマよ!」

朱菊 君枝+「ふぅん…ねえ、そんなにお酒が好きならこれなんかどうだい?朱菊っていう、私らの国のお酒なんだけどね」

ジャック バニッシュ「ほぉ、洒落た名前の酒じゃねえか」

朱菊 君枝+「恥ずかしいね。私の名前なのさ…でも味は確かだよ。ほら」

ジャック バニッシュ「おっとっと、わりぃな。………うめぇ!こいつは良い酒だな!」

朱菊 君枝+「良い呑みっぷりだねぇ!」

ジャック バニッシュ「ヒャハハハハ!年季がちげえよ!こちとら酒のせいで人間やめってからナあ!」

朱菊 君枝+「あんたも色々あったんだね…」

ジャック バニッシュ「良しとくれ!しみったれたのはいけねぇよ!よっしゃ!朱菊、だったな?オメエも飲めよ!」

朱菊 君枝+「あぁ…嬉しい誘いだけど、でもねぇ」

ジャック バニッシュ「アメちゃんの事なら気にすんな!持って帰れよ!だからよ、付き合えよ朱菊ヨォ!」

朱菊 君枝+「…そうだね、今日ぐらいはね」

ジャック バニッシュ「そうよそうよ!知った事か!俺はジャックランタン様よ!オーブも撫月もギベオンも関係ねー!ギャハハハ!」

全コンテンツ公開。二次利用フリー