SCENARIO

  • 菜野 花+
  • 藍馬 蘭

条件シナリオ

派生シナリオ

キズナシナリオ No.353

[終劇のバレンタイン]Too Late

会話

藍馬 蘭「………こんなところで、何をしているの?」

菜野 花+「あ、こんにちは!えへへ、実はですね、チョコを作ってるんです」

藍馬 蘭「チョコレートを?でも、バレンタインって14日じゃなかったかしら…?」

菜野 花+「それが、その、うっかりして…」

藍馬 蘭「うっかり?……そう、でも、きっと喜んでくれるわ。渡さないよりは、ずっと良いもの…」

菜野 花+「…………あの、良かったら一緒に作りませんか?」

藍馬 蘭「え…?」

菜野 花+「えと、その、間違ってたらごめんなさいなのですけれど。渡したい人が居るのかなあって」

藍馬 蘭「……凄いわ。石の力でもないのに人の気持ちが分かるのね」

菜野 花+「えへへ、何となくたまたまですよー。…じゃあじゃあ、一緒にやりましょうよ。多分余ると思いますから御気兼ねなくっ」

藍馬 蘭「お言葉に甘えても…良いのかしら」

菜野 花+「もちろん!むしろ手伝ってくれると良いなあ、なんて」

藍馬 蘭「…ありがとう。嬉しいわ」

菜野 花+「えへへへへ」

全コンテンツ公開。二次利用フリー