SCENARIO

  • 辻村 咲希
  • 菫 透真

条件シナリオ

派生シナリオ

キズナシナリオ No.34

異世界出勤

会話

菫 透真「ユン〇ル何本目かなこれ…ははは…」

辻村 咲希「そんなもん何本も飲んだって効きゃしないわよ」

菫 透真「う、うわあ!でたぁ!」

辻村 咲希「菫君。毎回人をお化けみたいに扱わないでくれる?…貴方また無理してるんでしょう?」

菫 透真「いや、その…が、頑張ります、いや、やってます!しっかり資料も作りましたし…」

辻村 咲希「………はあ、あのね菫君。この間私が言った事は忘れてくれるかしら。ごめんなさいね」

菫 透真「えええ?」

辻村 咲希「仕事なんかどうでもいいから、まず自分の身を案じなさい。あなた、死ぬわよ?こんな状態で毎日毎日こんな危ないところに来て!」

菫 透真「けれど辻村先輩は…!」

辻村 咲希「私は定時退社してるでしょ」

菫 透真「う、ぐ、し、しかしですね」

辻村 咲希「しかしもカカシもない!せめて休みの日だけにしなさいよ。…そう、週末だけ世界救うの。さしずめ【週末ヒーロー】ね」

菫 透真「だ、だめですよ!!!そいつは、だめです!」

辻村 咲希「!?」

菫 透真「それは個人的信念により却下です!ダメ!ゼッタイ!終末ならまだしも週末はだめ!」

辻村 咲希「な、なに?君、怖いわよ!……うーん、じゃあ…残業ヒーロー?でいいの?」

菫 透真「あーそれもやだなあー」

全コンテンツ公開。二次利用フリー