SCENARIO

  • 国代 伊依
  • 赤松 重吾

条件シナリオ

派生シナリオ

キズナシナリオ No.338

[惨劇のバレンタイン]黒子劇(続・伊依の乱)

会話

国代 伊依「………」

赤松 重吾「あれは!伊依さん!」

国代 伊依「こんにちは。リーゼントが自慢 さん」

赤松 重吾「なんスかそのペンネームみたいな感じ!」

国代 伊依「伊依に 用がありますか?」

赤松 重吾「いや、その、用っていうか、俺っちの、その、あの………きょ、今日は良い天気ッスね!!!」

国代 伊依「………塔を中心に 雷雲が渦巻いているのを観測」

赤松 重吾「うわーハンパねえ稲妻」

国代 伊依「用件は以上でしょうか?」

赤松 重吾「あ、待って、待ってくれ!あーとえーと、ど、どっか行くんですか?」

国代 伊依「いえ もう行ってきたところです」

赤松 重吾「オォ!どこに行ってたんスか!?」

国代 伊依「ホストクラブに」

赤松 重吾「な、なにぃーーーーー!?」

国代 伊依「…それでは失礼します」

赤松 重吾「………………ッハ!か、固まってる場合じゃねえぞこりゃあー!」

全コンテンツ公開。二次利用フリー