SCENARIO

  • 四涼 礼子
  • 御伽 美夜子

条件シナリオ

派生シナリオ

キズナシナリオ No.306

シリョウ・ミエマス

会話

四涼 礼子「あーメンドクサイメンドクサイ…ほんと息をするのもメンドクサイわ~」

四涼 礼子「こんなの性にあってないんだけどな~」

御伽 美夜子「………」

四涼 礼子「わ~綺麗な和服美…………ううう!?な、何あの人~!?」

御伽 美夜子「……貴方、誰?」

四涼 礼子「エ~と、ははは~四涼礼子って言いマ~ス…はははは、どもども~コンニチハ~」

御伽 美夜子「そう。貴方、視えるのね?」

四涼 礼子「ハハハ。その~ちょっと、チョットだけですよ?具体的には何も~?」

御伽 美夜子「…ならば、分かるわよね?私には近づかない方が良い。………忠告、したわよ」

四涼 礼子「ハイどうも~忠告承りました~」

四涼 礼子「ううう…わああ~何だあれ何だあれ~?百鬼夜行じゃあるまいしさ~引き連れ過ぎでしょ~?」

四涼 礼子「………何であれで生きてられんのかな~?わ~怖い怖い。考えないでおこ~」

全コンテンツ公開。二次利用フリー