SCENARIO

  • 皇 光+
  • 花織 雫+

条件シナリオ

派生シナリオ

キズナシナリオ No.295

雫、光る

会話

花織 雫+「じょ、じょ、浄化だ饒舌だ~♪」

花織 雫+「霰士郎かよ!………………イマイチかな…」

皇 光+「花織さん」

花織 雫+「わあ!油断してたぜ、イマイチなネタを聞かれちまったぜよ…!こんにちは皇くん」

皇 光+「君は…相変わらずだな」

花織 雫+「やあ、ちっとばかしキレに欠けましたけれども!おお?皇くんは変身したね!?」

花織 雫+「ほほ、旦那、お強いんじゃないですか?それにお高そう…!それダイヤ?ダイヤ?」

皇 光+「ああ、如何にもダイヤモンドだ。力もある。けれど、それは君もそうなんじゃないか?」

花織 雫+「えー?わたしなんて普通ですよ。チョット美少女なだけで?たはー!」

皇 光+「いいや。君は他の人間とは違う。力を隠しているね?」

皇 光+「凡庸な人間なら、僕と相対した時に目の色を変える。怖れか、媚か、或いは虚勢を保つ為の怒りの色にね」

花織 雫+「え~考えすぎじゃない?ハゲるよ?」

皇 光+「…君にはそれがない。僕を上位者としては見ていない。嘲るような下位の者としても見ていない」

皇 光+「きっと、その他の人間と同じ様に見えているんだろう?それは、君の力の証明だと僕は考える」

花織 雫+「トルゥットゥットゥルー!!!」

皇 光+「!?」

花織 雫+「シリアスな空間を雫が破壊したぜ!皇くん!買い被りと自惚れ的なのは勘弁だぜ!」

花織 雫+「もっとチョロチョロチョロく生きようよ!じゃないと、大事な事なので二度言う!ハゲるよ!?」

皇 光+「自惚れでも買い被りでもない。僕たちは選ばれし者だ」

花織 雫+「NOー!ハゲたくないから私は退散するぜ!バイバイビー!」

皇 光+「なかなか手強いな…」

全コンテンツ公開。二次利用フリー