SCENARIO

  • 皇 光
  • 花織 雫

条件シナリオ

派生シナリオ

キズナシナリオ No.294

雫、光る

会話

花織 雫「じょ、じょ、浄化だ常勤だ~♪」

花織 雫「ハァ~マジフルタイム浄化連勤とかつれーっすわ。先輩、今日は早めに上がって飲みにいきましょーよ」

花織 雫「いや、今日は残業確定。見ろあの星宝石…。あれを片付けない事には帰れんわな」

花織 雫「マァ~ジっすか!しゃーねえっすね、俺も手伝いますよ!」

花織 雫「後輩…」

花織 雫「先輩…」

皇 光「………」

花織 雫「カモン!突っ込みカモン!だよ!そこの人!」

皇 光「能ある鷹は爪を隠すというが、君の道化師ぶりはそのためか?」

花織 雫「うぇっ、スルースキル高いな!……あれ、すめらぎくん?」

皇 光「久しぶりだね。花織雫さん」

花織 雫「おおっ雫の事も覚えていましたか!あんま会った事無いのに」

皇 光「一度会った者の事は忘れないよ。…力のある人間なら尚更に」

花織 雫「わはー何を仰るウサギさん!オッペケペーのパンパカプーの、雫だぜ?」

皇 光「オッペケペーでもバンパカプーでもない。僕には分かる」

花織 雫「ま、真顔で返された…!新手のリアクションだね!?」

皇 光「君は、僕に聞かないんだね」

花織 雫「?」

皇 光「どうして学校に来なくなったんだ?とか、私達の事バカにしているんでしょう?…とかさ」

花織 雫「あれ~そっか~そういや学校来てないよね皇くん!」

皇 光「ははっ、幾らなんでもわざとらし過ぎるよ」

花織 雫「全身やらせ八百長仕込み美少女!花織雫です!」

花織 雫「あっ、そういや仕込みあったんだ。じゃあね皇くん!また会おう!サイツェン!」

皇 光「…彼女はアクアマリンのセイバーか。まだ、力を隠しているな…」

全コンテンツ公開。二次利用フリー