SCENARIO

  • 御白 護
  • 桜 結衣

条件シナリオ

派生シナリオ

キズナシナリオ No.282

喜劇の中で誓いを

会話

桜 結衣「あ!あなたは!」

御白 護「わっひゃハホフーン!」

桜 結衣「!?え、えと…?」

御白 護「いいいいケマセン!いけませんよぉお!?」

桜 結衣「えーっと…何時も応援してくれて人だよね?」

桜 結衣「いや、そのエクストリームな行動!間違いないよ!?いつも最前列の!凄い動きの!」

御白 護「ぎょっさんパサラん ボアー!!!印象派!!!\(●М●)/」

桜 結衣「ギョッサンパサラン!?」

御白 護「いいいケマセンのですよ拙者はァァ!?此処は境界線!何人たりとも犯せぬ絶対侵犯不可領域!」

御白 護「Aidol Territory Filed!略してATフィー(ry破ることアタワズ!」

桜 結衣「(アイドルってIdolじゃなかったっけ…?)うーん……なんで?ユイ達、仲間だよね?」

御白 護「だって拙者達!ユイにゃんを宇宙の天辺まで推し上げ隊はッ!!!なんていうか…そのでござるよ?」

御白 護「あの、プラネット!プラトニック!アイドル機会均等法の精神なんでござりまするよ!」

御白 護「正規の手続きを踏まぬ、このような接触!Liveでも。握手会でもないのに、そんな、ずるい」

桜 結衣「えー?そんな、だいじょーぶだよっ。ほら、ハイ握手!よろしくねオシロさん!」

御白 護「ホアーーー!!!名前名前名前名前覚えられてそんなバカな隊のみんなごめんもう拙者死ぬべし!」

桜 結衣「わぁー…えと、じゃあね!こっちではオシロさんはファンじゃなくて、ユイの仲間って事だよ!ね?」

御白 護「……!……御白護は自宅警備員から守護天使にクラスチェンジした」

桜 結衣「!?な、なに、どうしたの真顔で!?」

御白 護「ちからが0アップした。すばやさが0アップした。かくごが256アップした」

御白 護「奥義:エターナル・ラブ・アブソリュート・フォース・零式・改を会得した!!!」

桜 結衣「おお…ラブ…ゼロ式…」

御白 護「拙者!拙者……………ユイにゃんを守るでござるぅぅぅ!変身完了ォ!」

桜 結衣「ラブゼロ式…いや、ゼロ式ラブ?次の新曲にどうかな…うん!オシロさんてやっぱ面白いよ!」

御白 護「光栄の極まり絶頂特異点…!」

全コンテンツ公開。二次利用フリー