SCENARIO

  • 天草 水樹
  • 大河 愛

条件シナリオ

派生シナリオ

キズナシナリオ No.257

愛の家

会話

天草 水樹「愛ちゃん!」

大河 愛「あれれ。水樹兄ちゃんどうしたの?こんなところで」

天草 水樹「どうしたのはこっち台詞ですっ。愛ちゃんが帰らなくてみんな心配してるよ?」

大河 愛「ン~まあまあ、良いじゃない~」

天草 水樹「良くないと思うよ!そういうの!」

大河 愛「そんなに目を潤ませないでも~」

天草 水樹「…そうやってからかって誤魔化すのも、よくないよ!本当にみんなみんな心配してるんだから」

大河 愛「…澪も?」

天草 水樹「…澪ちゃんだって心配してます」

大河 愛「間があったよ!」

天草 水樹「………部屋から聴こえる恐ろしい曲が、少し哀しげになったよ…」

大河 愛「あの教会には似つかわしくない黒ミサでかけるみたいな曲だよねっ」

天草 水樹「そう…なんていったっけ…祈願だか虎眼だが…」

大河 愛「斑王石率いる、盲目の羊の導き手、TAGUNってバンドだね」

天草 水樹「そうそう、どうして澪ちゃんはあんな恐ろしいグループが好きなんだろう…」

大河 愛「斑さんって人ここで見かけたよ~」

天草 水樹「ええっ!そ、それは良くない事になりそうだよ…愛ちゃん、澪ちゃんには内緒だからね?」

大河 愛「ん~盲目のバンギャの前には無駄な手立てだと思うけどね~」

全コンテンツ公開。二次利用フリー