SCENARIO

  • 大河 愛
  • [戦華]シスター パラベラム

条件シナリオ

派生シナリオ

キズナシナリオ No.256

愛の家

会話

[戦華]シスター パラベラム「さあ、愛。神の前で全てを打ち明けましょう」

大河 愛「も~懺悔室じゃないんだから~」

[戦華]シスター パラベラム「………」

大河 愛「…あーもー、別にっ!理由なんかないよ」

[戦華]シスター パラベラム「…他の子たちと一緒に居るのが辛くなったのですか?」

大河 愛「違う違う!みんなのことは大好きだよ!…ボクは、そう、はやくドクリツしたいだけ」

[戦華]シスター パラベラム「独立だなんて…あなたはまだ子供ですよ?」

大河 愛「水樹兄ちゃんとそんなに変わらないよ!そうだよ、もう自分の面倒は自分で見れるんだから!」

[戦華]シスター パラベラム「水樹だってあなたぐらいの時は大人の庇護の元にありましたよ。そうあるべきなんです」

大河 愛「そうやってバカみたいに子供を引き受けてさ、ホームはキュウキュウしちゃってるんじゃん」

[戦華]シスター パラベラム「あなた、まさかお金のことを気にして…」

大河 愛「もー!いいの!ボクは強くなったんだから!ししょーだっているんだから!」

[戦華]シスター パラベラム「師匠…?」

大河 愛「そうだよ!もう何も怖くないんだから。シスターはもうホームに帰ってよ!じゃね!」

[戦華]シスター パラベラム「あ、まちなさいっ!………はあ、これだからガキは…」

全コンテンツ公開。二次利用フリー