SCENARIO

  • 衛星 絵
  • 柳 蒼天

条件シナリオ

派生シナリオ

キズナシナリオ No.200

絵画がくれるもの

会話

衛星 絵「やあ、こんばんは。俺は衛星。売れない絵描きだよ」

柳 蒼天「私は柳蒼天。あなたが、いつも丘の上で絵を描いてるの、見てたわ。」

衛星 絵「ちょっと高いところに上ると、地平線が見えるだろう?あの感じを描いておきたくてね…」

柳 蒼天「この世界って闇に覆われてるけど、地平線のあたりだけが妙に明るいものね」

衛星 絵「そうなんだよ。そこに向かって星が吸い込まれるように落ちてゆく様子って、なんだか…」

柳 蒼天「希望があそこにあるような気がする?」

衛星 絵「…うん。それ、まさに今言おうとしてたことなんだけど…どうして分かったの?」

柳 蒼天「貴方の絵が教えてくれたの。」

衛星 絵「絵が?」

柳 蒼天「私、絵とか全然詳しくないんだけど、貴方の絵からはすごくメッセージが伝わってくる感じがするのよ」

衛星 絵「ありがとう。こりゃ驚いたな…。俺の絵も捨てたもんじゃないね、ははっ」

全コンテンツ公開。二次利用フリー