SCENARIO

  • 御伽 美夜子
  • 天王寺 征人

条件シナリオ

派生シナリオ

キズナシナリオ No.193

天王寺家の闇

会話

御伽 美夜子「天王寺征人さん?」

天王寺 征人「…なんだお前は?」

御伽 美夜子「ああ、よかった。間違えていたらどうしようかと思ったの」

御伽 美夜子「私は美夜子。御伽美夜子といいます」

天王寺 征人「何を企んでいる?」

御伽 美夜子「!」

天王寺 征人「天王寺征人を知った上で、近づくような女には二種類の人間しかいない」

天王寺 征人「天王寺の食い散らかしを貪る文字通りの脳無しか、腹に含みを持つものだけだ」

御伽 美夜子「………」

天王寺 征人「美夜子とかいったな。お前のその目。お前は後者だ。疑いようも無い」

天王寺 征人「…時間の無駄だ。用を話せ」

御伽 美夜子「…そうね。本当に用があるのは、あなたではなく。天王寺良威にかしら」

天王寺 征人「…親父への怨恨か?ふん、今度は随分と若い女に手を出したものだな」

天王寺 征人「それとも狙いは天王寺グループか?」

御伽 美夜子「今はどう解釈してもらっても良いわ。でも、そうね…その両方といったところよ」

御伽 美夜子「天王寺と三輝の癒着疑惑騒動。その中で消えた影の内の一人が私の父。良く聞く話でしょう?」

天王寺 征人「それで一家離散、のパターンか?っは、聞き飽きたね」

御伽 美夜子「恨みが無いといえば?になる。でもね、私が本当に欲するのは、私を翻弄した天王寺の力」

天王寺 征人「………それがどうして、よりによって一人息子である俺への接触になる?」

御伽 美夜子「貴方も、私と同じだと思ったから」

天王寺 征人「っはは!」

御伽 美夜子「手土産はあるわ。【星詠み】と良威の関係を、調べてみて」

天王寺 征人「星詠み?あの念仏集団か………そうか、なるほど。面白そうだな!」

御伽 美夜子「私に価値があると思えた頃に、また来るわ…さようなら、征人さん」

天王寺 征人「………御伽美夜子。美しい女だ。………だが何者だ?なぜ良威の裏を知っている…?」

全コンテンツ公開。二次利用フリー