SCENARIO

  • 二面 安芸+
  • 華槌 十輝+

条件シナリオ

派生シナリオ

キズナシナリオ No.160

ダブルヒーロー

会話

華槌 十輝+「よっ。ほっ。よっ。」

二面 安芸+「(すごい…岩でお手玉だと…!?どんな訓練だよ…)」

華槌 十輝+「ん……あんたもやるか?」

二面 安芸+「うえっ!?い、いや、俺は、さっきまでやってたから!いいよ!……っはっはー」

華槌 十輝+「そうか…あんたも頑張ってるんだな」

二面 安芸+「そ、そうだ!正義を、守るためにな!」

華槌 十輝+「あんたも正義の味方をしているのか?」

二面 安芸+「そ、そうともよ!俺が正義の味方!その名もマスクド・サンドライトだ!」

華槌 十輝+「…素晴らしいな!そうか、先輩が居たんだな…。嬉しいよ。これからよろしく頼む、先輩」

二面 安芸+「……先輩……俺が?………ああ!うん!そうだな!そうだな!任せろッ!(涙目)」

全コンテンツ公開。二次利用フリー