SCENARIO

  • 陽世 新芽
  • 神崎 メメ(瞳)

条件シナリオ

派生シナリオ

キズナシナリオ No.152

新芽メメ

会話

陽世 新芽「あ、猫だ」

陽世 新芽「にゃっ」

陽世 新芽「お前、なんでこんなところにいるんだい?迷子?」

陽世 新芽「にゃっ…ごーろごーろ(とりあえず撫でろニャ)」

陽世 新芽「異世界に猫…?しかも異様に懐っこい。まあまあ…撫でるのは、やぶさかではないけどもさ」

陽世 新芽「ニャー(もうちょい、もうちょい耳の後ろ頼むニャ)」

陽世 新芽「耳がいいのか。そうかそうか。ああ、猫はいいなあ。目がギラギラしてないし、ストーカーみたいなのも居ないし」

陽世 新芽「ニャーン(次はノドの下にゃ~)」

陽世 新芽「それにしても油断してるなおまえ~」

全コンテンツ公開。二次利用フリー