SCENARIO

  • 夏野 太陽+
  • 夏野 向日葵+

条件シナリオ

派生シナリオ

キズナシナリオ No.148

ひだまり兄妹

会話

夏野 向日葵+「お兄さん!お茶をつくってみたんです。ちょっと飲んでみてくださいー」

夏野 太陽+「ありがとう、向日葵。では、いただこうかな?」

夏野 向日葵+「飲むと元気がでますよー。さあ、ぐぐっと!」

夏野 太陽+「………っう!?っぶふぉおー!?な、なんだこれは!?」

夏野 向日葵+「人面ウツボカズラのお茶ですよ?」

夏野 向日葵+「じ、人面!?た、たしかに、疲れは消えている……。しかし、これは、精神的苦痛が…」

夏野 向日葵+「今度、お店でお客さんに振舞おうとおもうんです」

夏野 太陽+「……やめるんだ向日葵」

夏野 向日葵+「えー?でも疲れに効くでしょう?」

夏野 太陽+「お茶なんか出さずとも、お前の笑顔だけで十分元気になるさ!」

夏野 向日葵+「でも、これ、たくさん作っちゃいました……もったいないな……」

夏野 太陽+「わ、わかった!これは私が飲む……から……。だから、店に出すのは無しだ。分かったね向日葵」

夏野 向日葵+「わかりました!じゃあ、たくさん飲んでくださいね!お兄さん!」

夏野 太陽+「は、ははは……」

夏野 向日葵+「(お兄さんは優しいなあ)」

全コンテンツ公開。二次利用フリー