SCENARIO

  • 石神 珠子+
  • 神楽 蒼子

条件シナリオ

派生シナリオ

キズナシナリオ No.133

時の迷い子

会話

石神 珠子+「やっほー蒼子ちゃん!」

神楽 蒼子「……!!!??た、珠子さん?」

石神 珠子+「ほっほっほ…懐かしいじゃろ?石神小町と呼ばれていた頃の姿に戻ってみたんじゃ?どうじゃろ?愛らしかろ?」

石神 珠子+「これなら、蒼子ちゃんと二人で歩いて、『でぇと』気分を楽しむことも出来るの!」

神楽 蒼子「珠子さん…」

石神 珠子+「ほえ?」

神楽 蒼子「あなたは!前の姿のほうが!何倍も!何十倍も美しかった!!」

石神 珠子+「…」

神楽 蒼子「時の理を捻じ曲げ…あなたは私の二の舞になるつもりなのですか!?」

石神 珠子+「まあまあ、落ち着きなさいな」

神楽 蒼子「しかしですね…!」

石神 珠子+「こんなもんは一時的なものじゃよ。永遠の命なんぞ、おっかなくて考えとりゃせんわ」

神楽 蒼子「……そうですか。…これは失礼しました。私とした事が取り乱して…」

石神 珠子+「分かってくれればそれでよしじゃ。そういうわけで蒼子ちゃん、行くぞ!」

神楽 蒼子「え?どこにですか?」

石神 珠子+「でぇとじゃよでぇと!」

神楽 蒼子「いや、ちょっと…私はそういうのは…!」

石神 珠子+「あんたも死ぬ前に楽しみなさいなー!」

全コンテンツ公開。二次利用フリー