SCENARIO

  • 緋崎 平一郎
  • 幾叉 まどか

条件シナリオ

派生シナリオ

キズナシナリオ No.119

boy meets (rotten)girl

会話

緋崎 平一郎「まどか姉ちゃんを漢と見込んで頼みがある!」

幾叉 まどか「いや、アタシ女なんですけど」

緋崎 平一郎「頼むよ!俺とタッグを組んで!」

幾叉 まどか「タッグ?何よ、試合でもすんの?」

緋崎 平一郎「俺の知る限りじゃ、姉ちゃんが最強なんだ…!頼むよ!」

幾叉 まどか「アンタの知る限りって学校とご近所さんだけでしょ」

緋崎 平一郎「まどか姉ちゃぁん!」

幾叉 まどか「アンタ、人の話 聞かないねぇ…あ~いいよいいよ、良く分かんないけど。やったるよ」

緋崎 平一郎「よっしゃー!まどか姉ちゃんが居れば勝ったも同然だぜ!」

幾叉 まどか「まあ、任せときなよ。で?誰とやるの?」

緋崎 平一郎「それが何もねーところで転ぶドジな女でさ!本ばっか読んで眼鏡で、後、漫画描いてる!」

幾叉 まどか「どういう事!?」

全コンテンツ公開。二次利用フリー