SCENARIO

  • 飛越 蛍+
  • 弓月 玲那+

条件シナリオ

派生シナリオ

キズナシナリオ No.106

月蛍

会話

飛越 蛍+「ハァーイ!お嬢様ー!」

弓月 玲那+「!?」

飛越 蛍+「ちょっとぉ~弓を構えないでよぉ!失礼しちゃうわね!」

弓月 玲那+「蛍さん?びっくりしたわ…。一瞬、敵かと思った」

飛越 蛍+「敵ィ?あの石くれの化物に見えたって事ォ?んっま!そりゃ面白いわねー」

弓月 玲那+「…もしや、あなたって人間をやめたいの?」

飛越 蛍+「ダハハハハハ!人間やめるかぁ!そいつぁ良いなあ!…おぉっと口調変わっちまったぁ」

弓月 玲那+「そっちが素顔って事?」

飛越 蛍+「いやぁ?別にぃ?どっちでも良いんだよ俺は。周りがうるさいからね。便宜上さ」

弓月 玲那+「…ふぅん。ねえ、やっぱり私達似た者同士、ではないと思うのだけれど…」

飛越 蛍+「まあね。それも便宜上の言葉さ。好意を伝えるにも、我々には枠が必要なのよ」

弓月 玲那+「男か女か、とか?」

飛越 蛍+「そうよぉ~!あとオカマとかね~キャハハハハ!」

全コンテンツ公開。二次利用フリー